第6回鎌倉アルプストレラン大会に参加しました。
初めて申し込んだ大会だったのですが、送られて来た案内を見てみると、「事前に下見をしておくように」とのこと!と、言われても、いったいどうすれば良いの?といったところへ、東山さんから下見のお誘い。喜んで参加させて頂くことにしました(^^)
ということで、下見と本番と合わせてレポートいたします。

雪中の下見RUN

日時:2010年2月13日(土)
六国見山
場所:鎌倉アルプス(港南台〜稲村が先)

参加者(8名):東山L、小谷野SL、西田さんご夫妻、渋谷さん、穂刈さん、木立さん、私きみお

天気:雪、雨

距離:20.8km(トレイル率85%)

あいにくの天気となってしまいましたが、朝10時にJR大船駅に集合し、各自防寒・防水対策をして荷物をコインロッカーに預け、JRにてレースのスタート地点となる港南台駅に移動。
10:45に21kmの下見ランがスタートしました。
駅前からレースの会場となる港南台高校跡を通過し、しばらくは環状3号線の歩道。清掃工場脇の長い坂を上り、いよいよ鎌倉アルプスに突入!
鎌倉アルプスは、全般的にアップダウンの少ない、木々に囲まれたダブルトラックで、林の切れ目ではすぐそばに住宅街があるという、走住接近?の貴重なトレイル。
ショートカットも可能なので、4カ所のチェックポイントがあるということで、その場所も確認しながら進みました。
約一時間走って、11:50に天園の茶屋に到着。普段は賑わっているところですが、季節のためか天気のためか今日は休業。その席を借りて、雨を避けながら簡単な昼食を取ることができました。
休んだのは15分程ですぐにスタート。寒いし雪は止まないし距離もまだ7km。一人だったら心が折れていたでしょう(^^;)
建長寺の山頂から明月院を通過して、12:40に高野台の住宅街に出たところで全体行程のほぼ半分。
北鎌倉駅付近は普段は観光客の多いところなので、当日は走行禁止になるそうで全員で歩く。いい休憩になりましたね。
JR横須賀線の踏切を渡り後半戦に入り、しばらく舗装路が続いて源氏山公園から再びトレイルへ。
天園コースに比べるとアップダウンも激しくなって来るので、足元のぬかるみがなかなかつらい。
大仏付近でトレイルを抜けると、急勾配の階段を上り、再び舗装路で極楽寺の住宅街。
最終チェックポイントを通過して、いよいよ最後のピークとなるトレイルに突入。
この山を越えると街の雰囲気はすっかり湘南!江ノ電の踏切を渡り、14:30に七里ヶ浜海岸へ到着しました。
七里ヶ浜海岸
ゴールに向かう最後の橋が、工事中で通行禁止だったので、ゴール地点まで行けませんでしたが、十分にコースを堪能することができました。
雪は雨に変わったけれども、最後まで止まず。海岸で記念写真を撮って下見ラン終了。

コース表示が細かく設置されていましたが、先導してくれる方がいなければ、絶対ここまでたどり付けなかったでしょう。

江ノ電稲村ケ崎駅から鎌倉駅経由で大船駅に移動して、荷物をピックアップして「ひばり湯」へ。
冷えた体をゆっくりと温めて、16時過ぎから「日本海庄や」で次週のお互いの健闘を誓い?たっぷりと飲んで20時前に解散しました。


「いよいよ本番」
第6回鎌倉アルプス・トレイルラン大会

スタート地点
日時:2010年2月21日(日)

レース参加者(9名)
東山さん、小谷野さん、
西田さん、清水さん、
渋谷さん、穂刈さん、
木立さん、ヒデボーさん、
私きみお
ボランティア:神谷さん、
浅岡さん

天気:晴れ

先週と打って変わって、曇天でひんやりとした絶好のランニング日和。
少々寒い中、8:00に港南台高校跡に全員集合。ワンウェイコースなので搬送車に荷物を預け、スタート地点となる向かいのつぐみ団地レク広場で、参加者全員でラジオ体操をしていよいよスタート。9:00から1分ごと50人ずつの時差スタートとなります。
観光地を抜ける狭いコースに、600名の参加者なので、時差スタートは仕方ないけれど、男性10代⇒70代⇒女性10代⇒70代という、ちょっと無茶なスタート順。
ヒデボーさんに続き、私は9:06にスタート。皆さんに見送って頂くことができました。
広場を一周して歩道橋を渡るともう、前の組の最後尾。案の定、前走の人を抜きながらのレースとなってしまいました。
体が温まって来た頃にトレイルに入りましたが、コースコンディションは最高!
ただし相変わらずコースにはランナーが多く、第一チェックポイントでは大渋滞。少々速めに入り過ぎたので、いい休憩にはなりましたが・・・
その後は行き交うハイキングの方も多いので、前走の人たちを追い抜きながらも、極力おとなしく走りました。
心配していた北鎌倉駅周辺は、「スローダウン」と「追い越し禁止」ということだけだったので、ジョグをしながら横須賀線の踏み切りも無事通過でき、最小限のロスで後半戦に突入することができました。(ヒデボーさんはここで電車2本の通過を待ったとのこと)
源氏山公園からはランナーも少なくなってきて、最後のピークは前後に人がいない一人ぼっち状態。試走していなかったらとても不安だったでしょう。東山さん、ありがとうございました。
ゴール後(稲村ケ崎)
秘かに11時ゴールを目標にしていたのですが、34秒叶わず1:54:34でのゴールでした。

年代別3位表彰
トレラン部のみなさんは、本格的なトレラン初参加の、西田さん、木立さんも含めて、全員が無事に完走した上に、東山さんが年代別3位で入賞、また表彰台には惜しくも届かなかったですが、穂刈さんが6位で渋谷さんが10位という結果でした。
鎌倉という都会に近接した場所を舞台にした、とてもアットホームな大会で、大変気持ち良く走ることができました。

笑顔の皆さん
表彰式もすべて終わってから、クールダウンを兼ねて徒歩で鎌倉駅に移動し、私は失礼しましたが、皆さんは大船「ひばり湯」経由「日本海庄や」にて、前週に続いて打ち上げをされたとのことでした。みなさま、お疲れ様でした。来年は42kmですね♪

佐藤公男(文責)