天道です。
ハセツネまであと6日に迫りましたが、参加の皆様心身の調子をキープして、いざ本戦に臨みましょう!

さて、遅ればせながら、多摩川源流トレイルランのご報告をします。

9月26日は山梨県小菅村での第2回多摩川源流トレイルランに参加しました。

麓の塩山に前泊して、当日早朝車で小菅村に向かいました。
受け付けを済ませてキョロキョロしていると、我がMTRC(明走会トレイルラン部)のメンバーが集まりました。
総勢5名。

10時にレーススタート
コース:東部森林公園キャンプ場(標高650m)【Star】→オマキ平→鶴峠【第1関門&チェックポイント】→奈良倉山(標高1349m) →松姫峠【第2関門&チェックポイント】→鶴寝山(標高1368m)→山沢入りのヌタ→栃の巨木→小菅の湯【チェックポイント】→東部森林公園キャンプ場【Goal】
距離:30km(公称??)
私のリザルトは、3:47:57
192位(年代別32位)でした。
完走は252名。

特筆すべきは、我がMTRCメンバーの穂刈さんが女子3位、天間さんが同4位と、上位を独占したこと。 渋谷さんも年代別2位の好成績!
写真は、総合1位の宮地選手をはさんで、女子3位・穂刈さん(右)、同4位天間さん(左)の‘表彰トリオ’。

スバラシー!!
パチパチ

‘ハセツネ前哨戦’で、MTRCの実力をあまねく示しました!(特に女子)

追記:
多摩川源流トレイルは、コースもそれほどキツクないし、こじんまりして手作り感もいっぱいで、よかったです。
(公称30kmですが、ぜったい30km以下です。)

MTRC出走者が増えれば、上位入賞続出間違いなしです。

おしまいに一句。

 源流に秋の陽注ぎ川となり 種火

天道猛(文責)