好天の11月4日(日)、三浦アルプス(中級)、鎌倉アルプス(初級)で練習会を行い大船で合同懇親会、 今年最大の参加者15名でした。


合同懇親会


中級コースの参加者は、片岡さん、西巻さん、キケさん、鎌田さん、中山七奈さん、川端美央さん、 体験参加の畠田祥代さん、サブリーダーの小谷野さん、とリーダーを務めさせて頂いた私、 佐藤きみおの9名でした☆

予定通りの9時に、大船駅構内のロッカー前に全員集合し、身支度を整えて港南台に移動していざ出発!

今回のコースは、三浦半島縦走トレイル大会(以下 三浦TR大会)の終盤部分を逆走して、港南台駅から 鷹取山まで行って、神武寺経由で東逗子駅に下りる予定。ただし港南台からいっしんどう広場までは、 鎌倉トレランコースにてアプローチ☆

途中の寄り道を含めて約20kmの、ファントレイルコースです♪


お馴染みの鎌倉アルプスコースは、起伏も少なく走りやすいので、ハイカーに気を使いながらも それなりのペースで走ります。集団はちょっと伸びたけれども、小谷野さんに殿(しんがり)を 守って頂いて、ギリギリ集団行動を保つことが出来ました(^^;)


横浜市最高峰の大丸山や、鎌倉市最高峰の大平山に立ち寄りながら、鎌倉アルプスを終えて、 十二所で一旦下界に下ります。そこから世界遺産に登録申請している朝夷奈切通しに向かい、 壮観な切通しを眺めてから熊野神社でご参拝☆


その先は、三浦半島縦走トレイルを忠実にトレースして、鷹取山へ向かいます。

こちらに入ると、コースも狭くわかりにくく、スピードも出しづらくなって来るので、 語らいながらのしっかり集団行動♪

鷹取山に着いたら、岩登りしている方々を眺めながら三浦TR大会のチェックポイントとなる展望台 に登り、磨崖仏まで脚を伸ばしてから神武寺方面へ下山。

鎖場有りの岩場コースを通り、立派な建物ながらなぜか立ち入り禁止の神武寺本殿の間近を通過して、 予定よりちょっと早く14時前に東逗子駅に到着☆

そこから大船駅に移動して、ひばり湯で汗を流してから、初級コースのみなさんと合流しました♪

今回は、周辺観光と三浦トレイルコースの解説がメインでしたが、ゆっくりでも走る続けることを 強要するリーダーの方針で、要所要所で休憩を取りながらも、結果、少々速いペースで移動をして しまいました☆

ご参加のみなさん、もうこりごりなんて言わないでくださいね〜(^^;)

文責:佐藤きみお




初級は、安藤真菜さん、前本淳子さん、根岸さん、体験参加の川名さん、SL神谷さん、L東山の6名。

コースタイムは、大船⇒バス⇒今泉不動10:22〜散在が池〜鎌倉天園ハイキングコース〜半増坊11:00 〜六国見山〜北鎌倉〜浄智寺〜葛原岡神社(休憩12:00〜12:20)〜裏大仏ハイキングコース〜大仏切 り通し〜配水地13:56〜極楽寺駅〜極楽坂切り通し〜成就院〜御霊神社13:33〜長谷寺〜鎌倉大仏〜鎌倉 〜大船14:55、距離:約19km(前本さん万歩計)

大船駅集合後、江ノ電バスで不動橋まで移動。下車後、軽く準備運動、コース説明。バス停から散在が 池自然公園の清涼な森と小川の木道を走ると鎌倉湖畔と呼ばれる散在が池に着く。静かな森の小道には、 時折、リスも登場する。今泉団地を横切り、天園ハイキングコースへ。半増坊まで1.9km。今日は行楽 日和、多くのハイカーとすれ違う。


半増坊から逗子マリーナ、鎌倉の海、大島や富士山も見える。


オプションの六国見山からの見晴らしも絶景。


浄智寺を通り、葛原岡ハイキングコースに入る。一気に走り、葛原岡神社の広場に出る。 ここではアルペンホルンののどかな演奏が行われていた。20分程休み、大仏ハイキングコース から世界遺産登録指定の大仏切り通しへ。 長谷トンネルの最後の急登を喘ぎながら登った。





これからは名刹巡り。極楽寺、成就院、御霊神社、鎌倉大仏と御成小学校(神谷さん卒業)、 鎌倉駅まで歩いた。

時間に余裕があるので、小町通りを散策としゃれこんだが原宿並みの人出にびっくり、途中、 引き返そうと思ったが、このまま突き抜け、皆さんの了解を得て、北鎌倉〜大船まで走って 丁度3時。皆さんごめんなさい。前本さんの万歩計で何と約19km、お疲れ様でした。筋肉痛は ひばり湯で取れましたか?中級は、既に風呂上がりの清々しい笑顔。懇親会に参加できない 七奈さんも満足そうでした。



16時から「餃子の郷」で合同懇親会、このお店はキミオさんの紹介、お店の一角、13人が 所狭しと押し寄せ2時間飲み放題2,980円は安い。餃子も美味しく、西巻さんは家庭用に 持ち帰り注文。バンバンとビール、紹興酒等飲み続け、丁度ころ合いをみて、皆さんの 近況を伺いました。


中級、初級と別に走ったが、こうやって合流の懇親会は、また良い。一緒に走った仲間 みたい。トレラン話題に話は尽きずラストオーダー、全てを平らげ解散。有志は2次会、 流石に飲みすぎました。

以上

文責:東山一勇気