日時:7月19日(土曜日)

場所:三浦アルプス

天候:曇り後雨

参加者(11名)L加藤さん、東山さん、木立千寿子さん、大島さん、前本淳子さん、小谷野さん、小林さん、 齋藤智絵さん、芳賀郁子さん(入会希望) 、SL長塚さん、SL井上 



行程

逗子駅10:00→長柄桜山古墳群のトレイル→森戸林道入口→森戸林道終点→森戸林道トレイル→ 森戸林道の入口近くより下沢尾根へ→南尾根→仙元山→葉山教会付近へ下山→逗子駅14:40

逗子駅10時集合。初参加の方もおられ、近くの亀田神社で加藤リーダーよりコース説明、自己紹介等を行った後、 早速、長柄桜山古墳群に向けスタート。

長柄桜山古墳群では、偶然行き合った古墳を守る会の方に話を聞くことも出来ました。 2002年、国の史跡に登録された4世紀の前方後円墳です。


古墳群を抜けたあとは、住宅・ロードを走って森戸林道に。後で登る下沢尾根登山口で地図読み講習。


森戸林道ではふだんの練習会では合うことのないバードウォッチングの方とすれ違い。 鳥の鳴き声やリスを見つけたり、山と触れ合いながらのトレイル。


林道終点から少し二子山へ向けて走り、沢渡のトレイル気分を味わった後、林道終点まで戻って、 急坂の下沢尾根を登って南尾根から仙元山へ。

生憎の曇りで仙元山から富士山は見ること出来ませんでしたが、参加者全員元気に登頂。 あとは森戸海岸に向けて下山。

いつもの旭屋牛肉店で各自メンチカツ・葉山コロッケなど買って、海辺でということろで雨が。 雷も鳴っていたのでおやつタイムはコンビニ前で素早く済ませ、雨の中30分ほど走って逗子駅に。
今回は雨で森戸海岸には行くことできませんでしたが、三浦郡葉山町なので逗子条例は適用 されないそうで来年は、 コロッケとロング缶、楽しみたいと思います。


大船に着いたらいつもお世話になっている「ひばり湯」で汗を流し、庄やに。
森戸海岸のボンジュ−ルのフランスパンに、その向かいのタントテンポのアンチョビペースト を持ち込み(店長には、持ち込みダメですといわれたのですが、何とかお願いして)で反省会。

三浦を知り尽くした加藤リーダーのコース設定で自然とともにトレイル楽しむことできました。反省会では「山」での楽しみだけでなく危険とそれへの事前対応の大切さ、さらには山を愛する色々な人「ハイカー、バードウォッチャー、トレイルランナー」の思いを語り、また、今後の大会(特に、陣場山のシシ鍋)の情報交換をして大いに盛り上がりました。
懇親会の終わりには、今野夫妻が飛び入りで顔を出され、びっくりしました。

<以上>

井上憲一(文責)