実施日 2014年9月27日(土)
場所  高尾山周辺
天候  曇り
参加者 東山さん 小原さん 岩橋さん 井上(憲)さん 松倉(なな)さん 白井さん
    L鎌田さん SL亀卦川さん SL笠原

京王線高尾山口駅に集合した私達は隣の氷川神社境内でL鎌田さんからコース概要と一日の流れを聞き9時にハイキングをスタートしました。



裏高尾・浅川沿いの小道では彼岸花など秋の草花が迎えてくれました。



頭上に圏央道が走る「梅の郷まち広場」先から蛇滝コースに入ります。水行場にただよう線香と低い祈りの声に心が引き締まります。
急坂を登り4号路へ。みやま吊橋では多くのハイカーが記念撮影。私達も1枚。



高尾山頂に到着。残念ながら富士山は雲の中、手前の丹沢山塊は見る事ができました。



もみじ台を経て高尾山縦走路を進み小仏城山で昼食です。名物のかき氷を皆で一口ずつ食べました。甘くておいしーい!(七奈さん、ご馳走さま!)



昼食後、北東尾根コースを通り日影バス停方向へ下ります。このコースが今回の特徴です。
土曜日にも関わらずハイカーとの出会いがまれです。日影沢に流れる小さな川を渡り
いろはの森コースを登り薬王院に到着。



あふれる参拝者の中、私達も手を合わせそれぞれの・・・・。
迷子にならないように混雑する参道を歩きエコーリフト乗り場へ。けっこうな高さで揺れるリフトに皆、童心に帰っておお喜びです。2時45分無事、高尾山口駅に戻りハイキング終了です。


行程
9:00  高尾山口スタート 標高約200m
10:45  高尾山頂 599m 1:45 5.9k
11:40  小仏城山 670m 2:40 8.3k 30分間の昼食
14:00  薬王院      5:00 13.7k
14:30  リフト乗り場470m 5:30 15k
14:45  高尾山口駅 ハイキング終了 5:45   



高尾の湯フロッピーへの送迎バスを待つ間にSL亀卦川さんから2つの問題が出されました。
問い1. 本日の累積標高は?
問い2. 本日の消費カロリーは?(鎌田さんの体重をもとに答えよ)


フロッピーで汗を流した後は恒例の“空”で打ち上げを行い、問題の解答と成績発表がありました。

その2問とも岩橋さんがトップの成績でした。
ご本人いわく 病気で頭を打ってから頭のサエが良くなりました。


 問 題  正 解  模範解答(岩橋さん) 珍回答 
 1 累積標高  1,320m  1,300m  370m(だけ!?)
 2 消費カロリー  1,640kカロリー 1,700kカロリー   5,500kカロリー (そんなに!?)


打ち上げの中で出た話

東山さん
練習会では初心者の育成を第一に。
60代の今は人生最高の時期、先輩江川さんの頑張りを見習って走っていきたい。ハセツネ完走を目指す皆さんへ 歩いてでも完走(歩)してください。

白井さん
ハセツネ完走を目指し荷物を持った練習とガムをかむ事で胃腸の不調を克服したい。
トレイルランナーは登山者よりちょっとだけ速く移動するだけ。

岩橋さん
病後の復帰レースとして陣馬トレイルにかけます。

井上さん
伊豆トレイルはどんなレースですか?ハセツネの攻略方法は?などなど意欲満々。

小原さん
今年ハセツネ初参加です。ストックは持つ?持たない?

松倉さん
これからのレース予定。四尾連稜線トレイル、櫛形山トレイル、那覇マラソン。
来年はハセツネ完走を目指します。

鎌田さん
今回の練習会は秋の本格的な練習に向けての身体造りとして不整地歩行すなわちハイキングを取り入れました。また昨今問題提起されているランナーとハイカーをめぐるトラブルに対してどのように融合をはかるかと言う視点で歩きました。

亀卦川さん
今年のハセツネは18時間台を目指します。(実は私、ちょっとやせました)

笠原 近況報告 私、会社やめました。今は自由な時間を楽しんでいます。

<以上>

文責:笠原伸二