実施日 2015年9月12日(土)
場所  高尾山周辺
集合時間 8時(地震のため、参加者のみなさんが到着ししだいに変更)
天候  曇り時々晴れ
参加者(10名)
東山さん 岩橋さん 久我さん 亀卦川さん、黒住さん、川端さん、 松倉(なな)さん、L:鎌田さん、SL:笠原さん、SL:天間

コース 高尾駅−八王子城管理事務所−八王子神社−富士見台−北高尾山稜縦走コース−堂所山−明王峠−与瀬神社−JR相模湖駅
(相模湖駅より電車で高尾駅→フロッピー→空(kuu)で打ち上げ)

北高尾は登山口まではバスでの移動が必要なせいか、訪れる人も少なくトレイルを満喫できるコースです。 今回のコースの中で唯一の舗装路は高尾駅北口をスタートし八王子城跡までの約3.2kmのみ。 八王子城山から晴れていれば八王子市内の展望が開けます。その後、細かなアップダウンを繰り返し、 本格的なトレイル北高尾山稜を走り、明王峠、与瀬神社、ゴールの相模湖駅を目指しました。全長約20km  トレラン率約80%


◆8:40 JR高尾駅北口スタート この日は朝6時前頃の東京湾を震源とする比較的大きな地震で、電車に影響がでて、集合時間の8時を40分過ぎてのスタートとなりました。



◆9:20〜9:35  八王子城址  3.2K コース説明および準備体操 準備体操後、鎌田さんよりコース概要と一日の流れの説明があり、登山口まで移動します。



(今回のトレイルコースは管理事務所を後にすると、比較的きれいなトイレは明王峠までありませんのでご注意ください。)



◆9:40 トレイルスタート リーダーの鎌田さんを先頭に、いよいよトレイルスタートです。



数日前までの雨続きで足元のコンディションは心配されましたが、問題もなく、集合時には曇っていた天気も、時折、木々の間から日が射し、気持ちよいスタートをきれました。



◆10:45〜10:55 富士見台  5.8K 小休止 トレイル開始から約1時間。小休止をとりました。まだまだ出だし。 皆さんも元気です。 富士見台(556m)から杉沢の頭→高ドッケ→狐塚峠→杉ノ丸→黒ドッケ(夕焼小焼分岐)→湯ノ花山(615m)へ向かいました。


◆12:05〜12:20 湯ノ花山 9.5K お昼ごはん
地震の影響でもともとのスタート時間が遅れたのと、トレイルスタート前の説明時に、相模湖駅から高尾駅に戻る希望の電車時間を伝えていたせいか、参加者の皆さんは、ご飯を食べた後、誰かが号令をかけたわけでもないのに、すくっと立ち上がり、15分の休憩のみでトレイルを開始しました。(さすがです!)
湯ノ花山からは→大嵐山(583m)→三本松山(611m)→関場峠へ。アップダウンを繰り返し→今回のトレイルコースで一番高い山、堂所山(733m)へ。


◆13:15頃 堂所山にて



◆13:45〜13:55 明王峠
14.3K 小休止



明王峠で小休止後、ここからは一気に与瀬神社を目指して下ります。(約5キロ)



◆14:55 与瀬神社階段前 トレイル終了

与瀬神社を後にし、相模湖駅へ向かいます。駅には15:00に到着。予定をしていた15:15にきちんと間に合って、高尾駅へ戻りました。
コインロッカーへ預けた荷物をとり、フロッピーへ。


◆汗を流した後は、高尾駅前にある恒例の“空”で17時10分より打ち上げを行いました。 打ち上げは、ビールと焼肉で、たまに煙にまみれながら疲れた身体を癒し、今後の皆さんのレースの話しなどで盛り上がり、楽しく一日を過ごすことができました。

余談ですが、高尾駅北口での集合中、ある女性がカメラ片手に私たちに近づいてきて、駅をバックに写真を撮らせてくださいと。理由は現在の木造の駅舎が移築されてしまうので、記録として残そうということでした。その話を聞いて、いつも高尾山へトレイルで高尾駅北口を利用するときは、わざわざ振り返ったことなどなかったのですが、まじまじと見てみると趣のある駅であることに気づかされました。
以下、高尾駅舎について触れていたある記事から抜粋です。

高尾山の表玄関として登山客で賑う高尾駅北口駅舎は「高尾駅南北自由通路整備」に伴い、東側約1.5キロの八王子市東浅川町の市有地に移築されることになりました。JR中央線・高尾駅北口駅舎は全国的にも珍しい木造の駅舎で、1997年には関東の駅百選にも選ばれています。
大正天皇崩御の際、ひつぎを送り出すために1927年(昭和2年)に新宿御苑に建設され、同年、浅川駅(現高尾駅)駅舎として移築されました。
現在の高尾駅という名前になったのは1961年のこと。
2016年工事着工、2022年完成予定となっています。
これに伴い文化財的価値のある現在の高尾駅駅舎は「東浅川保健福祉センター第2駐車場用地」に移築され保存されることとなりました。

現在の高尾駅は南口、北口の行き来が不便で、この工事によって楽になれば高尾駅周辺自体の活性化にも繋がるかもしれませんが、木造の駅舎を背にして高尾山に向かうことが出来なくなるかと思うと少し寂しい気もします。
皆さんも高尾駅北口を利用して高尾山へ向かわれる機会がありましたら、一度後ろを振り返ってみてください。

<以上>



文責:天間美香