・日程:5月28日(土)

・天候:曇り 気温20.3°(小田原市)

・集合時間:小田原駅9:00

・コース概要:初級レベル、ランタイム4時間半(昼食・休憩含む)
距離14.5キロ(トレイル率85%)、高低差 最大1,070m ・   累積(+1,390m、-1,500m)
大雄山最乗寺着(9:58)〜スタート(10:27)〜明神ヶ岳 (標高1,169M)(12:12)〜明星ヶ岳(12:12)〜塔ノ峰(14:20)〜箱根湯本駅(15:00)

・参加者:石田さん、井上さん、岩橋さん、久我さん、草薙さん、黒住さん、白井さん、東山さん、前本さん、松倉さん、吉岡さん、L椚田さんSL佐々木さん、SL今野ひとみ、SL今野幸男 
以上、15名の大パーティになりました。


この日は、朝から曇り空。メインのおかずは最乗寺の見学とやっぱり富士山。 まあ雨にならなかっただけ儲けものと思いながら、小田原から大雄山線に乗り大雄山駅からバスに乗り換え最乗寺に到着。

この最乗寺は、曹洞宗に属し開山されたのは了庵慧明禅師(りょうあんえみょうぜんじ)と言われ、 50才半ばにして相模国に帰ったある日、一羽の大鷹が禅師の袈裟をつかんで足柄山の山中に飛び、 大松の枝(袈裟掛けの松)に枝を掛ける奇妙な奇瑞を現じた。その掲示によってこの山中に建立、最乗寺と号した…そうです^^;


その弟子【道了】が創建に助力し、後に最乗寺の守護神として祀られ今尚毎年1、5,9月に道了尊大祭と言う祭事があり、丁度この日はその大祭の日でした。が、まだ早い時間だったのか混雑も無く。ひんやりと苔むしたこのお寺はとても神秘的で、境内にあるたくさんの古木はいずれも樹齢何百年のものでしょう。


30分程境内を見学しいよいよ明神へ向けて出発。明神ヶ岳までは下り無しのまま、まず体ならしでウオーキング。 途中小田原市内を眼下に望みつつ良いペース。


電線に停まっているスズメ達?(明神ヶ岳)

ほぼ予定通りに明神ヶ岳に到着。富士山は・・・残念!!!
約20分間のランチタイム後 箱根湯本へ向けてスタート。


明星ヶ岳(頂上には絶対見えない)

時折眼下に強羅の温泉街が 。。。

今回は、15名と言う参加者を考慮して前半組、後半組の2グループに分けて行動しました。 上りは、下ってくるハイカーも少なくほぼ皆揃って行動出来ましたが、下りはさすがそうもいきません。
でも皆良いペースです。


前半組からは、楽しい笑い声がもれ 比較的走力のある後半組は、ついつい前を押し気味になってしまうので 途中で少し間を開けてダッシュしたりして敢えて負荷をかけるMなチーム^^

途中で何名かのトレイルランナーともすれ違いました。(ここは幻となった【2007ハコネ50k】のコースでもあります。)

楽しい下りのトレイルはあっという間に終わります(と感じたのは私だけでしょうか)
箱根湯本駅についたのは、椚田リーダーが想定したジャスト15:00(1分の狂い無く!)
さあ、もう頭の中は宴会♪宴会♪でもここから小田原までは安心安全なイズッパコ(伊豆箱根鉄道)


小田原駅徒歩5分の【万葉の湯】でさっぱりした後、サブリーダー佐々木さんイチオシの海鮮居酒屋「ふじ丸」へ。
風呂上がりから一滴も我慢していた様に次々とビールの空き瓶が並ぶ。 モノの5分で20本近く???挙句は日本酒や焼酎のチェイサー替わり?
お店の店員さんもあきれ顔。
それでも我らのトレラン部は猛者揃い。毎度楽しい楽しい宴で幕を閉じました。

参加された皆様、大変お疲れ様でした。

以上

(文責)今野幸男