2月10日(土)遊楽酒場 のもっか! 有楽町銀座店で開催されました。

テーマ:現在 過去 未来
第1部 現在:現在の感謝のエピソードを披露
第2部 過去:MTRC10年の振り返り
第3部 未来:これからの自分を見つめてみませんか!

“大事な仲間達、出会えて良かった”の思いを込めた会に、大勢の皆様のご参加有難うございました。


参加者40名(敬称略、入会順):江川力平、東山一勇気、小谷野浩、白井成人、天道猛、天道聖子(ゲスト)、中村怜、松倉七奈、亀卦川俊子、川端美央、 根岸秀昭、鎌田純、片岡久、天間美香、渋谷泰樹、木立千寿子、久我充昭、 笠原伸二、柿澤紀子、前本淳子、小原誠、岩橋俊郎、井上憲一、今野幸男、 今野ひとみ、林俊之、田村敦、石田明、椚田厚、乾瑞紗、瀬山光子、堀口正志、筧直之、植松香、鈴永和久、関谷晃一、金子留美、内田知道、山嵜一夫、 加賀山進

「過去」

発足からの10年間を写真やプレゼンで振り返りました。 
入会時期ごとのグループで、昔を懐かしんで、語り合っていただけましたでしょうか。



「現在」

今、ここにいる仲間と酌み交わすひと時が、現在。古くからの知り合い、当日初めて会った方、み〜んな皆仲間です。
ここに元気に集える幸せをかみしめて。

「未来」

これからの新しい出会い、挑戦、自分らしい生き方、開け行く未来に思いを馳せて、5年後の自分へ手紙を書きました。

2023年2月10日に、開封します。 これからの時間を大切に過ごして、みんな元気でお会い致しましょう!



PS. 実行委員で何度も話合いを重ねてゆくうちに、単に過去を懐かしむ “10周年記念”というよりは、大切な10年を経たからこそ出来た“仲間達”、そして“皆で一緒にここにいる幸せ”をかみしめ、これからの事を考える会にしたい、という思いに変わって来ました。 


ご参加下さった皆様に、その思いを感じていただけたなら幸せです。


以上

<文責>亀卦川俊子

MTRC10周年記念行事担当:L白井、SL岩橋、メンバー:きけさん、けんさん、ななさん、乾

=======================================

<お祝いメッセージ>写真はFBより

加藤伸一さんより


本日は、MTRCの10周年記念、誠におめでとうございます。 MTRCでは、三浦アルプス練習会のリ−ダ−を3年やらせていただき、自分の庭のように三浦アルプスには50回以上通いました。 山の魅力に取りつかれ、北アルプス、南アルプスにも通ったりしました。 世話人としては、入会担当をやらせていただきました。

退職、伴走ボランティア、人工内耳挿入手術、結婚、宮古島移住と、人生の転機を経験しましたが、東山さん、江川さんをはじめとしたMTRCの皆さんの暖かいアドバイスのお陰で、今の自分があります。

宮古島では、アイアンマンの世界選手権年代優勝を目指して、妻の真理と毎日トレ−ニングしています。宮古島にはあいにく山らしい山はありませんが、是非、お越しください。 夫婦でお待ちしています。

以上

=======================================

佐藤公男さんより


明走会トレラン部のみなさま、創部10周年おめでとうございます。
また、本日の大事なイベントに参加が出来なくて、誠に申し訳ありません。
佐藤の名古屋も丸4年となり、地域に根差して楽しいラン生活を送っております。
私が初めてトレラン部に参加したのは、2009年の暑気払いでした。
娘が小学校を卒業して、コーチをしていた少年野球チームに参加する必要が無くなり、嫁さんからは、毎週末に家にいられても困るから、外に走りにでも行けば?と言われ、喜んで走り始めた時期でした。
結婚してしばらくは、「太ったら契約違反」ということで走っていましたが、子供が出来てからは「週末は子供と遊べ」との指令を受けて、9年程ランから遠ざかっていました。
走っていたと言っても、その頃はフルで4時間を切っていた位でしたし、その間に歳も重ねていたので、「これからは山をのんびり走れれば十分」という気持ちでお邪魔したのがスタートでした。
そうしたらそこには、距離の感覚が絶対に世間と違うヘンタイさんがウヨウヨいて、年齢を詐称されているような若い先輩ランナーがいらして、見た目は綺麗だけど走りは「野獣」な女子がいてと、とても個性的な、仕事関係では絶対に出会わないような方ばかりの怪しげな場でした。
そんな中に自分が入れてもらえるのか?と、不安なスタートでしたが、なんとか末席に置いて頂けたのが9年前でした。

トレラン部に参加してからは、鎌倉の切通しを巡ったり、奥日光でスノーシューをしたり、イベントに参加したり自分が企画したりと、楽しく過ごしました。

ですがある夏の日に、辰巳さんの「グランドスラム」達成お祝いパーティに参加して、自分もそれをしたくなり、だけどなかなか出来なくて徐々にロードの比率が高まって、トレランからだんだん遠ざかってしまいました。トレラン部でも幽霊部員化していった気がします。

そんな私も、昨シーズン51歳にして初サブスリーをして、東京から名古屋まで走って帰ったりと、30代の自分が予想もしていなかったヘンタイになりつつあります。この歳でも色々とチャレンジが出来るランニングは、なかなか無い、いい遊びだと実感しています。

それに、ランニングを通せば、初めての土地でも友達がたくさん出来ること、その気があれば、この先もまだまだ長く楽しめることを、トレラン部の先輩方が身をもって教えてくださいました。
佐藤はもうしばらく「ガチモード」で、距離やタイムにチャレンジしようと思っています。
そんな私を、これからも応援してくだされば嬉しいですし、何処かでお会いする機会がありましたら、よろしく構ってやってください。

それでは、明走会トレラン部が、今後も楽しい会でありますように。
そして今日のイベントが、とっても盛り上がりますように、佐藤は名古屋からお祈りしております。

以上

===================================

吉岡敦子さんより

遅くなってすみません。

ドイツ語の学校と宿題で四苦八苦していました。
この歳で、語学はしんどいです。
メッセージ、なんて書こうかと考えてました。難しかったです。
以下のメッセージ、読んでくださると嬉しいです。

トレラン部のみなさん
日本では一緒に走ってくださり、ありがとうございました。
オーストリアに来て10ヶ月が経ちましたが、まだまだ苦労しています。
ガンバ、ガンバ! 行ける、行ける! 楽しい〜っ!と言いながらがんばってます。

今年は、4月にイストリア、7月にアイガーを走ります。
みなさんのお手伝いができるほどではありませんが、ヨーロッパにいらっしゃる時は声をかけてください。
みなさんのご活躍を楽しみに応援しています。

みなさんによろしくお伝えください。 近いうちにお会いできることは楽しみにしています。
またカラオケ、行きたいです。

以上