トレランギア情報
        ◎TR部部員が愛用しているトレイルラン用ギアの紹介です。ただしあくまでも個人の感想ですのであしからず。
1.トレランシューズ
      メーカー        品番                                   感想
Montrail GRYPTONITE ヒールが固い。粘土質の下りで不安。グリップ力に不安。(東山)
Montrail CMELEON9047 地面をしっかり捕らえられる。下りに不安感。(江川)
Montrail ハードロックGM2018 かなりゴツイ感じはするが、下りの安定感は抜群。2008年モデルだが、未だソールが磨り減っていない。
レース用としては重い感じ。(加藤伸一)
Montrail ワイルドウッド ロングでは、ショックの吸収に若干問題あり。グリップ力、靴底の耐久性はある。防水でないので雨に弱い。(梅澤)
Montrail ストリーク
マウンテンマゾヒスト
Montrailのコンチネンタルデイバイドを初めて履いて、そのグリップの良さ、足のホールド感に納得し、以後Montrailのシューズばかり履いている。ストリークは、コンチネンタルデイバイドより軽量化し、ますます快適(長谷川)
STEALTH 5. 10 グリップ力良し。下りで滑らない。アメリカのゴムメーカーだが販売してない。(東山)
LA・SPOLTIVA SonicTR 下りのために購入。地面からの突き上げも吸収する。若干、足首を捻りそうになったが保護してくれた。(江川)
サロモン XAプロ3Dウルトラ 軽量かつフィット感良し。グリップ良し。ソールが半年余りでボロボロになった。靴紐がなく一発で閉まる。(加藤伸)
サロモン XTウイング かなりゴツイ。平地では硬く感じるが、山では特に下りの安定感は抜群。耐久性も高い。重たくて硬いのが難点。
(加藤伸一)
2.バックパック
      メーカー        品番                                   感想
グレゴリー ミウオッチ(18L) 身体に密着。外付けのボトルケースが、背負ったままでは取れない。長距離レースやワンデイハイク用。(東山)
グレゴリー ルーファス(8L) 身体に密着。外付けのボトルケースから背負ったままボトルが取れる。日帰りに適す。(東山)
グレゴリー ワサッチ(12L) 身体に密着。外付けのボトルケースが、背負ったままでは取れない。ベルト部の小物入れにジェルなど入れ、
外付けボトルケースにフラスクボトルを入れるのも手。(江川)
グレゴリー ISO(20L) 身体へのフィット感良し。通勤時に使用。(加藤伸一)
軽量で穴が空いても、生地をもみほぐせば穴が塞がるという優れもの。ウエストベルトについたファスナー付きポケットが小物を入れるのに非常に便利。防水性がないので雨の場合は、ザックカバーをかけるか、中身を全て防水袋に入れる必要がある。リアクター(11L)とは、レースの距離、走行時間帯によって使い分け。(長谷川)
グレゴリー リアクター(11L) トレランで一番使う。ハイドレーション2L以外にも、いろいろ入る。24Hギリギリのランナーにお薦め。(加藤伸一)
容量があり、ネット部にいろいろな物を入れられるので便利。レースだと、ちょっと大きいかも知れない。山小屋一泊程度の夏山でも大丈夫。
(梅澤)
軽量で穴が空いても、生地をもみほぐせば穴が塞がるという優れもの。ウエストベルトについたファスナー付きポケットが小物を入れるのに非常に便利。防水性がないので雨の場合は、ザックカバーをかけるか、中身を全て防水袋に入れる必要がある。ISO(20L)とは、レースの距離、走行時間帯によって使い分け。(長谷川)
グレゴリー ディアプロ(6L) グレゴリーのモデルで最小モデルということで、短いレース用に購入。ちゃんと2Lのハイドレーションが入る。良い製品だが、まだ実力が伴わずレースでは使用してない。海岸線のLSDなんかに使って見たい。(加藤伸一)
3.アンダーウエア
      メーカー        品番                                   感想
finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ 保温性、耐久撥水性、ソフトな着心地。(東山)
    もう、今では雨天時にこれなしの練習」、レースは考えられません。非常に薄手ながら撥水性が高く、雨の日でも
体温低下を防げます。また、雨でなくても冬に汗をかいたあと汗の戻りがないので、身体の冷えも防げるので快適
です。ノースリーブ、半袖、長袖使用。(長谷川)
◎ファイントラックの製品については こちらをご覧ください
フラッドラッシュスキンメッシュ http://www.finetrack.com/product/floodrush_skinmesh.html
4.ウエア
      メーカー        品番                                   感想
finetrack ラミースピン(半袖) *TR部ユニフォーム:麻が入っているので、乾きがよく、クーリング効果もあり。夏のウエアとして最適。(長谷川)
SKNS ロングタイツ 薄手ながら、足の部位による圧力変化により、還血流が維持され、また、運動をしていない時や、就寝時に着用
することで、疲労回復が期待される。(長谷川)
5.インナーグローブ
      メーカー        品番                                   感想
finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ 保温性、耐久撥水性、ソフトな着心地。(東山)
非常に薄手ながら、この上に綿の手袋をつければ、冬の雨の日でも手先が冷たくなりません。(長谷川)
6.アームウォーマー
      メーカー        品番                                   感想
SKINS 密着性が良い。保温力がある。(東山)
7.ハイソックス
      メーカー        品番                                   感想
SKINS SK080009 密着性が良い。リカバリー効果がある。(東山))
8.タイツ
      メーカー        品番                                   感想
SKINS SK080012-A 密着性が良い。リカバリー効果がある。(東山)
9.ハイドレーション
      メーカー        品番                                   感想
ハイドラバッグ リバーシブルリザーバU(2L) 丈夫。裏返して洗って干せる。メンテナンスに最適。(加藤伸一)
10.ライト
      メーカー        品番                                   感想
ジェントス ヘッドウオーズHW-743H 3つ使用。1つはヘッドライト。2つは腰に装備。暗い夜走るのに苦手な人は、この方法は良い。3000円位で、
150ルーメンの明るさは良い。LED用は続々新製品が出るので気にしてたが良い。(加藤伸一)
ジェントス SG309 小型で150ルーメン出て安価。ハセツネ夜間練習会では、多くの人が持っていた。(加藤伸一)
ブラックダイヤモンド アイコン 最大照射距離100Mの3ワットLEDと、164時間点灯可能なスーパーブライトLED4灯
(アルカリ乾電池低照度モード時)を備える。おでこから後頭方向へのベルトがあるので、走行中もライトがずれない。(長谷川)
11.レインウエア
      メーカー        品番                                   感想
モンベル ゴアテックス 20,000円前後。一生使える。これを持ってるだけで、山中では、精神的に楽になる。(加藤伸一)
戻る