○開催日:2009年12月13日(日) 天候:曇り
○参加者:江川さん、ヒデボーさん、天道さん、幸田さん、松本さん、辰巳さん
橋本さん、渋谷さん、SL穂刈、今野ご夫妻、郡ご夫妻
○応援:L永山さん
○距離:15km 、制限時間:2時間半

12月13日、朝5時起床。雨は降っておらず、一安心。
青梅にて、JR青梅線奥多摩行に乗り換えたところで永山さん、江川さんと合流。
今回永山さんは足の痛み等で不参加とのこと。御岳行8:11着の為、御岳駅発のバスが8:40。荷物を預ける時間8:45の為、間に合わないのではという不安があったが、臨時バスが増便。また、荷物預け時間についても8:45から延長。
当大会は地域密着型で、レース後には参加者が御岳神社付近の宿のお風呂を利用できるシステムとなっている。参加者に郵送される封筒に宿が記載された荷札が各自入っており、それを荷物につけて事前に預ける仕組みとなっている。その為、受付後、宿毎に割り当てた車に所定の時間までに荷物を預ける必要がある。

8:30にケーブルカー「滝本駅」前切符売場横 観光案内所前に集合であったが、10分過ぎに到着。到着して、着替え終了後、当大会名物エアロビ開始!
周囲の男性のトレイルランナー達が寒い為か必死にやっている姿に思わず笑顔。
12月第2週の為、気温が低く、長袖、もしくは、半袖にアームウォーマーの姿が多くみられた。

集合写真1
(ヒデボーさんのみ黒ゼッケン)

集合写真2
(左は今野夫妻、穂刈後ろが松本さん)

スタート風景
(レース中、右の白い半袖に赤いタンクトップの方に携帯を拾って頂いた!偶然、永山さん撮影の写真に写っていらっしゃいます)

今回スタートは、ゼッケンが黒文字の人は、9:30スタート。 赤文字は9:50スタートのウェーブスタート。ヒデボーさんのみ9:30スタート。

ケーブルカー御岳駅付近まで、舗装路をひたすら登る。
杉にはスタート地点から番号が500番からふられており、舗装路終了の付近は1番であり、
それまで、カウントしながら早歩きで登る。途中、親切なハイカーが、「後160本あるよー」
と教えてくれる。汗だくになりながら、ありがとう!と心の中で感謝。

舗装路終了からはいよいよトレイル開始。ケーブルカー駅「御岳駅」付近で永山さんがいらっしゃいました。応援ありがとうございます、ハイタッチ!御岳神社付近、帰りのお風呂でお世話になるお宿を眺めながら、進む。御岳神社付近から綾広の滝は、ハセツネコースでもあるのですが、全く覚えていない。
ここを走っている途中、左側のがけの木の根元に携帯を落としてしまい、絶叫!幸いにも後ろの親切な方に拾っていただく。感謝。やっとペースが安定し始めた時でも、人が多くあまり抜くことはできず、また、ハイカーも多い為、無理な走りはできないと悟り、周囲のペースに併せていくことにした。

鍋割山〜奥の院〜御嶽神社までの道のり。少年(身長140p程)が頑張って走っている。お名前とお年をきたところ、大塚君、12歳。大人に負けない走りっぷりに感心。将来、りっぱなトレイルランナーか山男になることでしょう。

やっと、ゴール前の御嶽神社の石段付近にきたとき、トレラン部エースのヒデボーさんが応援して下さってました。がんばれない〜と思いながらも、応援に勇気づけられ、最後の石段で2〜3人抜いてゴール!!ゴール正面には、辰巳さん。かっこいいゴールシーンを撮影して下さったでしょうか。

 ゴールシーン
(手前のオレンジが穂刈、)

全体として、トレラン部員全無事に完走!郡ご夫妻、今野ご夫妻も完走!
昨年度は、雨が降っていたと聞いています。今年は曇りで天気がもったのも幸い。
また、道がぬかるんでいるところも、1ヶ所、2ヶ所位でした。
全員のゴール確認後、各人が割振りされた山荘にてお風呂を入り、立川の駅でやきそばの名店「梅蘭」にて打上げ。江川会長の頼もしいお話で場は盛り上がる。さらに、佳代さんが合流して2次会を有志で実施。参加者も応援の永山さん、皆さん本当にお疲れさまでした。

〜まとめ〜
改めてまとめますと、御岳トレイルランは、地域密着型のトレイルランレースで工夫されていると思いました。また、途中ハイカーの人達(中高年の方々や若者も含め)に遭遇するケースが、多々ありました。ランナーの挨拶にも心地よくハイカーが反応して頂き、気持ちよく交流ができたかなと思うところもあり、ランナーが下りで、重装備のハイカーが登りで遭遇した際には待つことができずに進んでしまい、半分申し訳ないなという気持ちもありました。こういったバランスは難しいと思います。

レース自体は、競走というより、どちらかというと温泉付きの楽しい練習の様な雰囲気であり、明走会トレラン部の指定レースにして、年納めの最終イベントとしても良いのではないかと思いました。

戻る